骨が変形したり劣化すると腰に痛みが走る

骨の変形や劣化による痛み

骨の変形や劣化の原因

筋肉や靭帯と同様に骨も長期間負荷を掛けているとダメージを負ってしまいます。腰痛の原因ともなるので注意しましょう。筋肉や靭帯のように簡単に痛みを解消することが難しいのが特徴です。老化によって起こりやすいトラブルの一つでしょう。

椎間板が歪んでしまう

腰の骨に負担を掛けすぎると、変形や劣化を引き起こしてしまいます。椎間板が歪んでしまうと、腰に関節痛のような痛みが発生するでしょう。しっかりと痛みを解消するには、手術が必要な場合も多いのです。腰に掛かる負担には気をつけましょう。

働き盛りの方は腰痛に注意

20代から30代の働き盛りの方に多い腰痛が椎間板ヘルニアです。腰に大きな負担を掛け続けることが多いので、椎間板が変形したり歪んだりしやすくなります。痛みを解消するには時間が掛かるでしょう。10代や60代以降の方には珍しい病気です。

骨に細菌が入ることも

骨が変形したり歪んだりするだけではなく、細菌の侵入によって腰痛が発生する場合もあります。基本的に骨の中で炎症を起こすので膿が溜まるのです。安静にしていても症状は解消しません。疲れて免疫力が低下している方は特に注意しましょう。

広告募集中